診療科のご案内

医療連携・産業医

産業医

企業の健康管理のお手伝いをしています。ご要望があればご連絡ください。

産業医とは、事業場において労働者の健康の保持・増進に努め、衛生管理者とともに職場環境管理を行い、労働と健康の両立を図る職務を有する医師です。常時50名以上の労働者が働く事業場では、産業医を選任することが義務づけられています。

 

当院では院長の嵐方之医師が担当しており、産業医は事業場(事業者)と労働者の間にあり、労働者の健康を保持・増進して労働と健康を図っております。産業医は事業場と労働内容を熟知する必要があり、毎月の職場巡視の際には作業方法や作業環境が人体に有害の恐れのあるときは、直ちに労働者の健康障害を防止する処置を講じております。また衛生委員会・安全委員会などの構成員として会議に出席して意見を述べます。

 

日本医師会認定産業医として嵐方之医師の他、斎藤定三医師が担当しております。

ページの先頭へ